1
CLIPS

カスタムコントロールのベストプラクティス Parts&Statesモデル

2604日前に更新 aoki1210aoki1210 2606日前に登録
2010年09月02日 GMT 2010年09月01日 GMT

カスタムコントロールを開発・ビルドして配布したあとで、外観をカスタマイズしたいとそのカスタムコントロールの利用者から要望を受けることがよくあります。Parts&Statesモデルはカスタムコントロール開発者のベストプラクティスで、カスタムコントロールの利用者が外観をExpression Blendでカスタマイズできるようにするためのものです。このモデルはWPFのカスタムコントロールにもSilverlightのテンプレートコントロールにも使えます。 詳しいコードは「外観をカスタマイズできるコントロールの作成」を参照してください。またTech-Ed 2010 ブレイクアウトセッション「T7-404 Windows Presentation Foundation 4 ~ ControlTemplate と Parts & States モデルによるカスタム コントロールの作り方 ~」のストリーミングが公開されたらご覧ください。ベストプラクティスControlTemplate を使ってデザインするコード...

カテゴリー: アーキテクチャ/デザイン/OSS | クリック数: 19 | | ソースサイト: blogs.msdn.com | カウンタを表示
タグ: Silverlight, WPF

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。