1
CLIPS

スレートPC最適化計画

2448日前に更新 aoki1210aoki1210 2452日前に登録
2011年05月05日 GMT 2011年05月01日 GMT

昨年末に東京で行われた「Windows 7 マルチタッチアプリケーション開発者会議」に参加させていただき、 その際にテスト機として提供を受けたのがこのONKYO製のスレートPC。

この端末を日常生活で使う(使えるようにする)ために、これまで取り組んできたことを自作したアプリケーションも交えて何回かにわけてお話してゆこうと思います。 そもそもの話ですが、この端末は良くも悪くもPC向けのOSである Windows 7が搭載されています。PC向けのOSだけに操作面(UI)はマウスやキーボードといったデバイスによるインプットを前提とした設計となっています。 もちろん、Windows 7はマルチタッチをサポートしているOSなので、ハードウェアが対応していればタッチパネルからの入力自体は行えますが、それ以外の部分においてはものすごく使いづらいわけですよ。 例えば... タイトルバーのウインドウを閉じるボタン、明らかに指の幅よりボタンの方が小さくて上手に押せなかったり、エクスプローラも文字が小さくてなにに触れているのか指で隠れてしまいよくわからなかったり。アプリケーションの大半のUIとしては、ツールバー...

カテゴリー: Windows/Office/SharePoint | クリック数: 23 | | ソースサイト: blogs.dandunite.com | カウンタを表示
タグ: Windows7, スレートPC

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。