1
CLIPS

ピクセル シェーダー①

2590日前に更新 aoki1210aoki1210 2593日前に登録
2010年09月16日 GMT 2010年09月13日 GMT

WPF・Silverlightでもピクセルシェーダーが使えます。Direct3DではピクセルシェーダーはGPU上で動作し、頂点シェーダーと組み合わせて頂点からラスタ化されたピクセル(サブピクセル)とテクスチャなどを処理しますが、WPF・Silverlightで使われるピクセルシェーダーはUIElementに適用する画像処理です。WPFのピクセルシェーダーはGPUで、SilverlightのピクセルシェーダーはCPUで動作します。 ピクセルシェーダーとは単純に言うと各ピクセルの色を出力するプログラムです。次のピクセルシェーダーでは全てのピクセルに赤を出力します(returnで返します)。

ピクセルシェーダーはピクセル単位で全ピクセルを処理するので、条件分岐すれば出力色を変えることができます。次の例では、元のUIElementの範囲(中央より上下左右)によって出力する色を変えています。uvは現在処理しているピクセルの相対座標を示す変数で、tex2DはUIElement(レジスタS0に割り当てられている)の色を取得するメソッドです。

ピク...

カテゴリー: UX(WinForm/WPF/Phone) | クリック数: 10 | | ソースサイト: blogs.msdn.com | カウンタを表示
タグ: Silverlight, WPF

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。