4
CLIPS

動的プロキシなViewModelの実装とパフォーマンスの比較(MVVMパターン)

2620日前に更新 aoki1210aoki1210 2626日前に登録
2010年08月18日 GMT 2010年08月12日 GMT

MVVMパターンで良く取り上げられる問題の一つとして、ModelからViewModelにプロパティを公開するのが面倒すぎるというものがあります。

確かに件の作業は冗長で、面倒で、MVVMパターンを使ってたアプリケーションに気軽に着手しにくいという問題を抱えていました。ViewModelをプロキシとして機能させるアプローチ 件の作業を隠ぺいするアプローチの一つして、ViewModelを「Modelのプロパティを透過的に公開するプロキシ」として機能させるアプローチがあります。 .NET4がリリースされるまで、少なくとも標準のライブラリでは、.NET世界においてプロキシとしてのオブジェクトを作成する手段はRealProxyしか存在しませんでした(多分) RealProxyはもともとは古の.NET Remotingのための技術ですが、非常に暗黙的にオブジェクトのメンバアクセスへの割り込み処理を行う機会があるため、アスペクト指向の流行と相まって業務アプリケーションのロギングなどに使われてきた実績があります。 実は僕も一年半ほど前、RealProxyとしてのViewModelを作...

カテゴリー: UX(WinForm/WPF/Phone) | クリック数: 77 | | ソースサイト: ugaya40.net | カウンタを表示
タグ: MVVM, WPF

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。