1
CLIPS

小野和俊のブログ:Metro UIは「UXアプリ養成ギプス」

2212日前に更新 aoki1210aoki1210 2220日前に登録
2012年05月04日 GMT 2012年04月26日 GMT

昨日、今日とWindows Developer Days(WDD)に参加してきた。二日間セッションに参加して感じたのは、「Metro UIは『UXアプリ養成ギプス』だ」ということである。

Metro UIにはいくつかのデザインの原則がある。

例えば原則のひとつに、”Content before Chrome”というものがある。これは、「コンテンツを主役にし、ツールバーやメニュー等のコンテンツへの没入を妨げるものは最小限にする」というものだ。

こうしたデザインの原則やガイドラインがきちんと決められている、ということは重要なことではあるが、それ自体はさほど驚くべきことでもない。先日ブログに書いたように、最近の主要なプラットフォームには、大抵UX/UIのデザインガイドラインが定められているからだ。

では私が何に驚いたかというと、Metro UIではこのデザインガイドラインが「半強制」されていることだ。

UX/UIに意識の高い開発者はこうしたガイドラインに目を通した上でプラットフォームと一貫性のあるアプリケーションを設計・構築するかもしれないが、一般に、ガイドラインの存在を知...

カテゴリー: UX(WinForm/WPF/Phone) | クリック数: 27 | | ソースサイト: blog.livedoor.jp | カウンタを表示
タグ: Windows8

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。