1
CLIPS

検索におけるGoogleのシェアは下降傾向–Bingのマーケティング努力が奏効か - TechCrunch

2192日前に更新 aoki1210aoki1210 2193日前に登録
2012年06月19日 GMT 2012年06月18日 GMT

検索におけるGoogleのシェアは下降傾向–Bingのマーケティング努力が奏効かbyINGRID LUNDENon 2012年06月15日

Googleは合衆国で依然として圧倒的に最強の検索エンジンだが、昨年から今年にかけてはやや伸び悩み、Yahoo、それにとりわけMicrosoftのBingの両社が増加を見た。今日(米国時間6/15)Experian Hitwiseが発表した数字では、そうなっているし、また昨日Competeが発表したデータでも同様の傾向だ。いずれも、5月の検索利用状況を2011年と2012年に関して比較している。 Hitwiseの数字では、2012年の6月2日に終わる4週間の検索利用総数の65.2%をGoogleが占めるが、前年同期では68.11%で、シェアでは68.11 – 65.02で3.09%の減、検索件数の絶対数では5%の減となった(標本母数1000万名)。 一方、Yahooも含むBingの合計#はシェアが28.12%で前年同期比1.33%の増、絶対数では5%の増となった。Yahoo単独のシェア(#上記内数)は14.95%、Bingに直行する検索(#上記内数)は...

カテゴリー: サービス(Azure/WCF/Bing/Live) | クリック数: 0 | | ソースサイト: m.jp.techcrunch.com | カウンタを表示
タグ: Bing

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。