2
CLIPS

32bit OSでWindows AzureのIntelliTrace機能を利用する場合の注意点

2010年08月05日 GMT 2010年08月02日 GMT

32bit OSでWindows AzureのIntelliTrace機能を利用する場合の注意点 C#, Windows Azure | | 皆様、Windows7が広まる昨今だが、32bit OSを今も使い続けているだろうか。今回は、そんな古いマシンを未だに愛してやまない人々に降りかかる災難について紹介したい。Windows Azureポータルサイト上で利用できるデバッグ機能 IntelliTrace さて、つい先々月(2010年6月)に公開されたAzureSDK 1.2から追加された機能に、クラウド内で実行しているサービスのIntelliTrace機能が存在する。当該機能を利用することで、クラウドサービス内で発生した障害を詳細に知ることができる*1。

IntelliTrace機能について詳細に知りたい方は、[連載]Visual Studioデバッグ手法 > 第2回 Visual Studio 2010の新機能「IntelliTrace」を参照していただきたい。 32bit OSを利用した場合に降りかかる問題 デバッグの強力な手助けとなるIntelliTrace機能だが、ちょ...

カテゴリー: サービス(Azure/WCF/Bing/Live) | クリック数: 8 | | ソースサイト: d.hatena.ne.jp | カウンタを表示
タグ: Azure, Azure "Visual Studio 2010", Visual Studio 2010

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。