1
CLIPS

ASP.NET Webフォームアプリケーションでの状態管理の使い分け(1/4):CodeZine

1728日前に更新 aoki1210aoki1210 1729日前に登録
2012年07月05日 GMT 2012年07月04日 GMT

ASP.NETはてなブックマークlivedoorクリップ newsingBuzzurl(バザール) Yahoo!ブックマーク 実例で学ぶASP.NET Webフォーム業務アプリケーション開発のポイント 第4回 WINGSプロジェクト 高野 将 [著] 山田 祥寛 [監修] Tweet サンプルファイル[6180.11 KB]1234  本連載ではツールやフレームワークの機能を最大限利用しつつ、保守、開発効率を意識したWebフォームアプリケーションを開発する方法を学んでいきます。第4回の今回は、状態管理について学んでいきましょう。アプリケーションの状態管理とは  デスクトップアプリケーション、Webアプリケーションなどの種類に限らず、アプリケーションを開発していくにはさまざまな「状態」を適切に管理する必要があります。  「状態」とは何かというと、例えばログイン情報や検索前後といったフラグ、画面の表示内容などのあらゆるデータが該当します。  これらの状態を管理する方法ですが、デスクトップアプリケーションであれば単にメモリ上に格納しておけばよいでしょう。しかし、ASP.NET Webフォー...

カテゴリー: Web(ASP.NET/SL/IIS/IE) | クリック数: 3 | | ソースサイト: codezine.jp | カウンタを表示
タグ: ASP.NET

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。