3
CLIPS

Delegateの細かいこと

2647日前に更新 aoki1210aoki1210 2651日前に登録
2010年07月22日 GMT 2010年07月18日 GMT

C#プログラミングにおいて、もはやdelegateの知識は不可欠のものであるが、同時に文法的に「あれ?こんなはずでは…」と思わせる所がdelegateまわりに多いのも確かである。手続き型言語に後から関数言語の概念を取り入れたのだからやむをえない。

しかしIDEの助けもあって、まるで野生動物が危険地帯を本能的に避けるかのごとく、多くのプログラマはいつしか「何となくだけど、そう書けばコンパイラが文句を言わないから」と人間=学習機械の本領を発揮してうまくdelegateと共存するようになっていくようである。もちろん、言語仕様をすべて頭に入れてからでないとプログラムなんて書けるか、という人間コンパイラかDijkstraかというような人も稀にはおいでだろうが。

ここでは、ふだん知らなくてもなんとかなっている所について、言語仕様から見直してみたいと思う。

まずは短いクイズから。

  1. 匿名メソッドとラムダ式の違い 匿名メソッドとラムダ式というのは記法的な違いであってIL(中間言語)レベルでは区別されないという理解で問題はない。合わせて「匿名関数(Annony...
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 20 | | ソースサイト: d.hatena.ne.jp | カウンタを表示
タグ: C#, Delegate