1
CLIPS

Entity Frameowork Feature CTP4 のCode Firstをおさらいしてみる

2010年08月03日 GMT 2010年08月02日 GMT
既にあちらこちらで、紹介されていますが、Entity Framwork Feature CTP4(EF)でコードファーストスタイルの開発に対応したので、土日におさらいしてみたメモ(冗長)です。 というのも、先週、某飲み会で、 「まあ、EFもCode Firstに対応して、まあ、だいぶましになってきましたよ~」 などとしゃーしゃーと知ったかぶりをしてしまったのであわてて、おさらいです。 Code Firstについては、ある程度理解してる(つもりな)のでVS+CRUD (ASP.NET MVC) との組み合わせや、(SQL)Azureを自動生成先のDBとして使えるの?とかのテストです。 で、 EFをダウンロードしてきてドキュメント見るも、使用方法などについては、全く書いていない・・・(最近はMSのドキュメントもかなりまともになってきたので読むようにしてたのに・・・)。 あきらめて、最近すっかりメジャーになったScott (G)さんのブログを読む。 が、 「サンプルが冗長だよ!Scott (G)~」 と、飽きっぽい私には、サンプルが少し冗長に感じられたため、もっとシンプルなサンプルを探し回る(いや、素晴らしいサンプルですよ。でも、テーブルが2つあって、リレーションが組まれてる時点でサンデープログラマの私には十分複雑)。 すると、もう一人のScott (Hanselman)さんのブログに行き着く。世の中のScottさんは、みんなASP.NET好きなのか?と思いながら読み進める(両氏ともASP.NET MVCでは、かなり著名です)。 Scott(H)さんのブログを読むにつれ、今度は、 「ハショリ過ぎだよ!Scott (H)~」 と文句(独り言)が出る・・・。
カテゴリー: DB(SQL/XML/永続化) | クリック数: 15 | | ソースサイト: blogs.itmedia.co.jp | カウンタを表示
タグ: "Entity Framework" "ASP.NET MVC", ASP.NET MVC, Entity Framework

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。