1
CLIPS

LightSwitchの裏側を探る 1:ソリューション作成時の状態を調べる

2606日前に更新 aoki1210aoki1210 2608日前に登録
2010年09月03日 GMT 2010年09月01日 GMT

TechEd 2010 JapanのキーノートでもLightSwitchは割と大きく取り上げられました。 で、普通だとLightSwitchをどのように操作して使っていくのか、という紹介をはじめるところなんでしょうけど、このBlogではちょっと違った方向からいろいろ探っていってみたいと思います。 まず、LightSwitchのプロジェクトを作ってみます。

ソリューションエクスプローラには3つの項目だけが表示されています。

実は、メニューからロジカルビューとファイルビューの選択ができるので、ファイルビューを選択してみます。

そうすると、Client/Server/Commonというプロジェクトが作成されていることがわかります。

ここで、すべてのファイルの表示をクリックすると、ClientGenerated/ServerGeneratedというプロジェクトも作成されていることがわかります。

実際に生成されているファイルの数は619にもおよびます。 コマンドラインからTree /Fを使ってファイル名を取得すると以下のようになります。 ...

カテゴリー: ツール(VisualStudio/Expression) | クリック数: 13 | | ソースサイト: dotnetfan.org | カウンタを表示
タグ: LightSwitch

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。