2
CLIPS

MVVM:Messengerを理解するために自作してみた(1):Gushwell's C# Dev Notes

2544日前に更新 gushwellgushwell 2552日前に登録
2011年06月04日 GMT 2011年05月28日 GMT

MVVMを勉強していたら、Messengerというものが出てきました。

これって何だろうか。

.NET Frameworkのクラスじゃなくて、MVVM Light Toolなどのフレームワークで

用意されているもので、ViewModelからViewを操作する時に利用するもののようです。

要は、ViewModelとViewの仲を取り持つ仲介者クラスです。

と、ここまでは分かりましたが、それ以上のこと(特にどういう仕組みなのか)が良くわかりません。

そこで、理解を深めるために、MVVM Light Toolの外部インターフェイスを参考に

Messengerクラスをちょっと自作してみました。

とはいっても、ものすごい手抜きなので、これを実際に使うわけにはいかないと思うし、

MVVM Light Toolのソースコードは一切みていないので、僕の理解が間違っている可能性は

ありますが、まあ、Messengerを理解を助けるにはなるんじゃないかと思います。

では、オレオレ Messengerとそれに関連するクラスのコードを示します。

まずは、「メッセー...

カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 22 | | ソースサイト: gushwell.ldblog.jp | カウンタを表示

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。