1
CLIPS

Microsoftの比較調査: 2対1でBingの検索結果がGoogleよりも好評

2156日前に更新 aoki1210aoki1210 2166日前に登録
2012年09月19日 GMT 2012年09月09日 GMT

Bingはイメージがあまり良くなく、Microsoftによると、最善を尽くしているのにもかかわらず、単純にGoogleのほうが良いと信じている人びとがいまだに多い。そこで打開策として同社は今日(米国時間9/6)、Bing It Onというイベントを立ち上げた。それはペプシコーラvs.コカコーラの先例に倣った比較広告のためのイベントで、まず、検索の結果を人びとに比較させる。Microsoftによると、このブラインドテストにおいては、Bingの検索結果が良いと答えた人と、Googleが良いと答えた人が、2対1の比率だった。比較にあたってBingの画面からはSnapshotやSocial Searchの小窓を取り去り、Googleの画面からはInstant PreviewsやKnowledge Graphのボックスを取り除いている。 このオンラインイベントでは、参加者は5つの検索クェリを入力し、結果が左右に並んで表示される。そして、どっちの結果が良いかを判定する(引き分けとしてもよい)。5つのクェリを終えると判定の結果が出て、それを主なソーシャルネットワークの上で共有できる。

Bingのチームによると...

カテゴリー: サービス(Azure/WCF/Bing/Live) | クリック数: 6 | | ソースサイト: jp.techcrunch.com | カウンタを表示
タグ: Bing

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。