1
CLIPS

Silverlight 4 におけるデータバインディングの強化 – DependencyObject

2596日前に更新 aoki1210aoki1210 2602日前に登録
2010年10月13日 GMT 2010年10月07日 GMT

皆様、こんにちは!昨日に引き続いての投稿です。やはりBlendがらみですw。今回は、弊社イベントのBlendのテクニカルセッションで良くお見せするネタです。しかもコーディングなしでできます。理解も進みますので、ちょっとやってみてください。 WPFでもSilverlightでも非常に重要なのが、データバインディング機能です。データバインディングとは、データと UI 要素 (コントロール) を接続する機能です。Silverlight では、視覚的な要素だけでなく、見えない要素もデータバインドの対象とすることができるため、より開発における柔軟性と生産性が向上します。実例で学ぶアプリケーション開発 ver.2(Silverlight 4によるショッピングサイト作成)※の解説に並行して、このデータバインディングに関わるTopicもいくつかご紹介しておきましょう。 ※これ自体、続編を準備中ですので、お楽しみに! まず最初は、D...

カテゴリー: ツール(VisualStudio/Expression) | クリック数: 16 | | ソースサイト: blogs.msdn.com | カウンタを表示
タグ: Expression

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。