.NET Clips - デプロイのタグがつけられたエントリー
1
CLIPS

PowerShell から Windows Azure にデプロイとステータス操作

2583日前に更新 aoki1210aoki1210 2588日前に登録
2010年08月24日 GMT 2010年08月19日 GMT
Powershell から Windows Azure に Management Cmdlet を使ってデプロイしたりしてみます。 Management Cmdlet の入手方法や、Windows Azure への証明書の登録に関しては、下記のサイトをご覧ください。 PowerShell で始める Windows Azure アプリケーション管理 まずは、Windows Azure ポータルサイトで手動で上げたアプリを、実行したり停止したりしてみたいと思います。 なお、ココでの各操作項目で共通している変数は下記の通りです。$servname = "nanchara-service" # サービス名 $subscription = "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx" # Subscription ID $cert = Get-Item cert:\CurrentUser\Root\AB3CD7FCCB7F65FF6FAEEA1068D165656B5D73F9 # 証明書     ■デプロイ状態確認 最初に、Staging環境に手動... (詳細)
カテゴリー: サービス(Azure/WCF/Bing/Live) | クリック数: 10 | コメント | | ソースサイト: www.gine.jp
タグ: Azure, PowerShell, デプロイ
2
CLIPS

Visual Studioから直接Windows Azureアプリをデプロイする

2654日前に更新 aoki1210aoki1210 2657日前に登録
2010年06月14日 GMT 2010年06月11日 GMT
こんにちは、はるたまです。このブログを書くのは2回目です。書いてる途中にキレイさっぱり消えたので、心は完全に折れています。 USのTechEdでWindows Azureに関する情報がアップデートされましたが、この中で「Windows Azure Tools for Visual Studio 1.2」がリリースされました。このリリースでVisual Studioから直接Windows Azureにデプロイすることが可能になりましたが、証明書周りの部分をムニャムニャしないといけないので、今日はこの辺の話をしたいと思います。 というか、ボスにお願いされたので書きます。 今回使用している環境は以下のとおりです。 Windows 7 Home Premium Visual Studio 2010 RTM Windows Azure Tools for Visual Studio Windows Azure Tools for Visual Studio 1.2自体はVisual Studio 2008にも対応しているようです。安心。Windows Azureアプリケーションの「発行」開始! ... (詳細)
カテゴリー: サービス(Azure/WCF/Bing/Live) | クリック数: 20 | コメント | | ソースサイト: d.hatena.ne.jp
タグ: Azure, Visual Studio, デプロイ