.NET Clips - DSLのタグがつけられたエントリー
1
CLIPS

汎用言語の進化 (モデリング言語)

2617日前に更新 aoki1210aoki1210 2620日前に登録
2010年08月18日 GMT 2010年08月15日 GMT
概要 これまでにも説明したように、 DSL を作るのではなく、汎用言語自信を進化させるという選択肢もあります。 汎用プログラミング言語は年々「intentional」になっていると言います。 また、類する言葉も色々ありますが、これらの言葉の意味するところは、以下のような感じ(いずれも意味するところはほぼ同じ): * intentional(意図的な、計画的な): プログラマーが意図したことをそのまま意図通りに書ける。 * how から what へ: プログラムを「どうやって書くか」ではなく「何をしたいか」に注力できる。 * declative(宣言的な): 意図を宣言すればそれがそのまま動く。 汎用的なプログラミング言語にもまだまだ改良の余地があり、intentional な方向に向かって「モデル」が進化しています。 (詳細)
カテゴリー: アーキテクチャ/デザイン/OSS | クリック数: 4 | コメント | | ソースサイト: ufcpp.net
タグ: C#, DSL
1
CLIPS

DSL の行く先 (2) - 意外とそう遠くないかも

2624日前に更新 aoki1210aoki1210 2627日前に登録
2010年08月11日 GMT 2010年08月08日 GMT
Code-Enabled 昨日の記事の「非開発者向け」って言葉は言い過ぎかなぁとか思ってたら、以下のような記事が。 Myth Busting Visual Studio LightSwitch 「Code-Enabled な人」って表現がいいのか。Coder(コード書くこと自体がお仕事)じゃなくて、何らかの製品の設計を担うプロフェッショナルで、コード読んだりコピペしてくるくらいにはコーディングに精通してる人。それが LightSwitch の真の顧客だと。 でも、LightSwitch みたいなお手軽開発ツールはいろんな層の人の支援になるんじゃないかとも思ったり。Code-Enabled な人が動くアプリを直接自分で書けるようにCoder な人も簡単に設計フェイズを行えるようにアプリ利用者側もある程度読み書きできるように委託して作ってもらったものの良し悪しをある程度分かるように委託先と保守契約で喧嘩別れしたって、新たに保守の引き継ぎなりアプリのリプレースなり請け負ってくれる別業者見つかるまでの間くらいは自前でつないでいけるようにDSL 理想像 上... (詳細)
カテゴリー: アーキテクチャ/デザイン/OSS | クリック数: 12 | コメント | | ソースサイト: ufcpp.spaces.live.com
タグ: DSL, LightSwitch, ドメインモデル
1
CLIPS

ドメイン モデリングの行く先

2626日前に更新 aoki1210aoki1210 2628日前に登録
2010年08月09日 GMT 2010年08月07日 GMT
Another piece of Microsoft's Oslo modeling puzzle disappears Quadrant がお亡くなりになったそうです。という記事をきっかけに、思ったこととか人と話したことなど書いてみる。 非開発者向け 今、IT 使った何かを作るとき、問題領域(ドメイン: domain)に関する知識と、プログラミングに関する知識の2つに詳しくないと何もできないんですよね。問題領域っていうと、例えば、よく話にあがるのだと:大規模データ処理自然言語コーパスを元に、検索や機械翻訳の精度を上げたい顧客の購買行動を解析して、よりよりセールスをかけたい業務知識業務のフローを IT で補助・改善したいけど、そのためには業界の商習慣とかの知識が必要 とか。 2重にスキルを求めるのは負担が非常に大きいんで、出来れば問題領域の専門家が、プログラミングの知識なしで使えるようなツールが欲しいと。そういう話はもうかれこれ20年くらいは言われ続けていたり。DSL そういう、問題領域の専門家向けのツールとして、DSL(domain specific languag... (詳細)
カテゴリー: アーキテクチャ/デザイン/OSS | クリック数: 7 | コメント | | ソースサイト: ufcpp.spaces.live.com
タグ: DSL, モデリング
1
CLIPS

F#によるアクティブケースを用いた外部DSLの変換:CodeZine

2651日前に更新 aoki1210aoki1210 2652日前に登録
2010年07月15日 GMT 2010年07月14日 GMT
言語指向プログラミングの第2弾として、今回は外部DSLにて書かれた具体的表現を読み込んでF#に変換する技術について解説します。アクティブパターン  アクティブパターンとはある値に複数の表現方法(フォーム)を与えることで、XMLなどの型付けされていない異種混在なデータに対しても、パターンマッチを可能にする技術です。  構文中のバナナクリップ(||)に囲まれた各部分をアクティブパターン識別子と呼びます。パターンマッチなどでアクティブパターンを使用する場合には、このアクティブパターン識別子経由で呼び出します。  アクティブパターン識別子は、アクティブパターンに引数として渡される入力データ用パーティションに対する名前のようなものです。[構文]シングルケースとマルチケースアクティブパ... (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 8 | コメント | | ソースサイト: codezine.jp
タグ: DSL, F#