.NET Clips - F#のタグがつけられたエントリー
1
CLIPS

MicrosoftがF#をオープンソース化 - スラッシュドット

2321日前に更新 aoki1210aoki1210 2328日前に登録
2010年11月16日 GMT 2010年11月09日 GMT
SourceForge.jpに記事が出ているが、 Microsoftが.NETプラットフォーム向けの関数型言語である「F#」をオープンソースにしたそうだ。 Microsoft Research Shared Source LicenseからApache License 2.0に変更されたとのことである。 F# PowerPackプロジェクトのページにてコンパイラやコアライブラリが入手できる。 (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 10 | コメント | | ソースサイト: slashdot.jp
タグ: F#
1
CLIPS

F# で汎用の関数(汎用のリテラル)を書く

2343日前に更新 aoki1210aoki1210 2351日前に登録
2010年10月25日 GMT 2010年10月17日 GMT
F# の整数は int(32ビット整数), int64(64ビット整数), bigint(多倍長整数) があって、もちろんそれぞれ型が違う。 ベキ乗とか階乗とか、どの整数型でも同じことをしたいだけでも、普通に書いたらそれぞれ実装しないといけない。 ところで F# には自動汎化という仕組みがあって、要は型を制限しないように書けば、互換性のあるどの型でも使える関数ができる。 「型安全なダックタイピング」と言っておけば、かっこいい。 let max a b = if a > b then a else b let x = max 1 2 // int let xL = max 1L 2L // int64 let xI = max 1I 2I // bigint 自動汎化がうまくいっているかは、Visual Studio でソースを書いて、関数名にマウスを重ねれば確かめられる。 型として 'a のように表示されれば、汎化が働いていることがわかる。 関数や変数にマウスオーバーすれば推論された型情報が表示されるのは... (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 7 | コメント | | ソースサイト: d.hatena.ne.jp
タグ: F#
1
CLIPS

『プログラミングF#』著者が明かすF#を使いこなすとっておきの秘訣

2366日前に更新 aoki1210aoki1210 2369日前に登録
2010年10月02日 GMT 2010年09月29日 GMT
『プログラミングF#』の著者であり、またF#開発チームのメンバーであったクリス・スミスさんをお迎えして、秋葉原の書泉ブックタワーで9月22日にトークショーが開かれました。  技術監修者の頃末和義氏と、鈴木幸敏氏がインタビュアーとして、F#開発秘話、F#の特徴、魅力、関数型言語の威力、関数型言語をマスターする方法、F#を使いこなす秘訣など、さまざまなことをクリスさんにお伺いしました。とにかくナイスガイのクリスさん、多岐にわたる質問に笑顔でていねいにお答えくださいました。  もともとイギリス・ケンブリッジのマイクロソフトリサーチのDon Syme博士が個人の研究プロジェクトとしてスタートしたF#ですが、クリスさんはF#開発チームの4番目のメンバーとして開発に参加。開発チームは11人という少人数で構成され、またメンバーはイギリス、アメリカ、カナダ、中国と世界中に散らばっているとのこと。ビデオ会議やメールでやり取りし開発を進めたそう... (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 12 | コメント | | ソースサイト: www.oreilly.co.jp
タグ: F#
1
CLIPS

Visual F# Express Edition の入手方法

2391日前に更新 aoki1210aoki1210 2392日前に登録
2010年09月07日 GMT 2010年09月06日 GMT
おそらく、「F# Express」で検索する方が多いと思うので、その人たちを釣る誘導するためのタイトルです。 喜んでください!F#は無償で利用することができます! ただし、「Express Edition」というものは用意されていません。 以下のものをインストールしてください。Visual Studio (2008|2010) Shell Microsoft F# CTP Visual Studio Shell というIDEを用意し、その中にF#を組み込む形になります。 F# CTPだけでも利用可能ですが、この場合コマンドラインで実行することになります。 マシンパワー的にVS2010は厳しい!という方は、VS2008も選択可能です。 ダウンロードは以下から: ダウンロードの詳細 : Microsoft Visual Studio 2010 Shell (Integrated) ダウンロードの詳細 : Visual Studio 2008 Shell (integrated mode) D... (詳細)
カテゴリー: ツール(VisualStudio/Expression) | クリック数: 15 | コメント | | ソースサイト: d.hatena.ne.jp
タグ: F#, Visual Studio
1
CLIPS

他人様の知恵を拝借して、F#にモックフレームワークを導入しましたよー、というお話

2392日前に更新 aoki1210aoki1210 2396日前に登録
2010年09月06日 GMT 2010年09月02日 GMT
私はC#ではMoqというモックフレームワークを愛用しているのですが、このMoq、F#においては思うように動作してくれなかったのです。 環境Visual Studio 2010 ProfessionalNUnit Moq 3.1 Moq 4.0 BetaRhino Mocks 3.6 を利用しております。その他の環境では確認しておりませんのでご了承下さい。 Moq moq - Project Hosting on Google Code C#では使い勝手の良いMoqを何とか、F#でも使おうとあーだこーだソースをこねくり回していましたが、結局挫折しました。 F#のラムダ式をLINQ expressionsに変換する必要があるのですが、その変換にどうやら無理があるようです。 ググったら以下のようなエントリを見つけました。 Mock framework challenges in F# - Vagif Abilov's blog on .NET F#でもMoq使いたかったんだけど、なんかダメそうな... (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 12 | コメント | | ソースサイト: d.hatena.ne.jp
タグ: F#, Moq, Rhino Mocks
1
CLIPS

プログラミングF#著者が来日されてトークイベントがあるようです(9/22水19:00~秋葉原:書泉)

2395日前に更新 aoki1210aoki1210 2397日前に登録
2010年09月03日 GMT 2010年09月01日 GMT
荒井さんのBlogにて、「プログラミングF#」の書評を書かれていたのですが、その中で。 プログラミング F# が発売されました – 荒井省三のBlog – Site Home – MSDN Blogs この書籍の発売を記念して、著者であるChris Smith氏のトークイベントが行われます。先着20名限定でサインをしていただけるそうです。もし、行かれる場合は予約をされることをお勧めします。 Σ(゚Д゚;エーッ! 聞いてないよ。。。(誰がおまえにわざわざ連絡するw) 日時場所は 日時:2010年9月22日(水) 開場18:30/開演19:00~ 場所:書泉ブックタワー 9階イベントフロア 入場料:無料/入場順に前からのご着席になりますのでご了承ください だそうです。 詳細は以下のオライリーのページにてご確認ください。 http://www.oreilly.co.jp/editors/archives/2010/08/ann-programmi... (詳細)
カテゴリー: 勉強会/イベント/配信 | クリック数: 3 | コメント | | ソースサイト: opcdiary.net
タグ: F#, イベント
1
CLIPS

F#のfslexとfsyaccを用いたコンパイラ作成(1/4):CodeZine

2410日前に更新 aoki1210aoki1210 2411日前に登録
2010年08月19日 GMT 2010年08月18日 GMT
F#では、fslexやfsyaccといったツールや、判別共用体などのF#固有の機能を用いることで、既存言語に新たな構造を簡単に追加したり、言語を作成したりできます。  今回はF#言語指向プログラミングを利用して、fslexとfsyaccを用いたコンパイラ作成について解説します。  fslexとfsyaccは、PowerPackに含まれています。PowerPackは、マイクロソフトのF#チームが用意したF#用ライブラリとツールを集めたものです。ダウンロードはこちらのURLからできます。fslexとfsyacc  lexとyaccは字句解析器と構文解析器を自動生成する有名なツールですが、これらをF#用に移植したツールがfslexとfsyaccです(注1)。fslexとfsyaccの役割  人間がC言語や... (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 13 | コメント | | ソースサイト: codezine.jp
タグ: F#, コンパイラ
1
CLIPS

[和訳] Announcing the F# 2.0 Standalone Tools Update (for .NET 2.0, 4.0 and other CLI Implementations): いげ太のブログ

2410日前に更新 aoki1210aoki1210 2411日前に登録
2010年08月19日 GMT 2010年08月18日 GMT
この記事は、以下の Don Syme 氏のブログ記事の私訳です。 Announcing the F# 2.0 Standalone Tools Update (for .NET 2.0, 4.0 and other CLI Implementations) - Don Syme's WebLog on F# and Related Topics - Site Home - MSDN Blogs 待ちに待った F# + .NET 4 の無償開発環境がこれで整いましたね。 (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 5 | コメント | | ソースサイト: igeta.cocolog-nifty.com
タグ: F#, Visual Studio, 翻訳
2
CLIPS

VS2010 Template for F# ASP.NET Web Application (再)

2407日前に更新 aoki1210aoki1210 2416日前に登録
2010年08月22日 GMT 2010年08月13日 GMT
http://dl.dropbox.com/u/7392906/20100813/FSharpAspNet.zip http://dl.dropbox.com/u/7392906/20100813/FSharpAspNetItem.zip それらしいものです。 必須コンポーネントF# PowerPack 使い方 上記ファイルをそれぞれ以下の場所に置きます: FSharpAspNet.zip : [ユーザー プロジェクト テンプレートの場所]で指定されているディレクトリ FSharpAspNetItem.zip : [ユーザー項目テンプレートの場所]で指定されているディレクトリ なおzipファイルを解凍する必要はありません。 ファイルが置かれた状態でVS2010からプロジェクトを新規作成すると、[Visual F#]の項目に[F# Web Application]というテンプレートが追加されます。 このテンプレートを選択してプ... (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 11 | コメント | | ソースサイト: d.hatena.ne.jp
タグ: ASP.NET, F#, Visual Studio 2010
3
CLIPS

F#でプロセス間通信

2434日前に更新 aoki1210aoki1210 2438日前に登録
2010年07月26日 GMT 2010年07月22日 GMT
MailboxProcessorというクラスを使ってやると、スレッド間で簡単にメッセージのやり取りをすることができます。 でもこれがプロセス間となると一工夫が必要。F#側には用意されていないので、BCLの力を借りることになります。 しかし.NETに用意されたプロセス間通信のためのクラスは、F#のMailboxProcessorとはかなり毛色が異なりますし、使い方も少々面倒。というわけで、これらの仕組みをラップしてF#色に染め直してみました。 MailboxProcessorに比べると機能は少ないですが、ほとんど同じようにして利用することができます。 ちなみに、.NET(CLR)にはアプリケーションドメインという概念があるため、「プロセス間通信」というよりは、「アプリケーション間通信」と言ってやった方が適切かもしれません。 結構長いのでソースは一番最後に載せます。まずはこのクラスの利用方法から。 利用例その1 サーバアプリケーション: (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 20 | コメント | | ソースサイト: d.hatena.ne.jp
タグ: F#
1
CLIPS

F#:どう書く?org - 2進数の記述 -

2443日前に更新 aoki1210aoki1210 2445日前に登録
2010年07月17日 GMT 2010年07月15日 GMT
どう書く?org の 2進数の記述 をF#で解いてみました。 プログラムソースコード中に、2進数を定数として書く方法、あるいはその代替手段を考えてください、というものです。 以下のような、BinaryNumberクラスを書いてみました。 open System type BinaryNumber(num:int) = let mutable num = num new (s:string) = new BinaryNumber(Convert.ToInt32(s,2)) member this.GetInt32() = _num override this.ToString() = Convert.ToString(num,2) let int(bn:BinaryNumber) = bn.GetInt32() let Main() = let bn = new BinaryNumber(63) printfn "%... (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 7 | コメント | | ソースサイト: techbank.jp
タグ: F#
1
CLIPS

F#によるアクティブケースを用いた外部DSLの変換:CodeZine

2445日前に更新 aoki1210aoki1210 2446日前に登録
2010年07月15日 GMT 2010年07月14日 GMT
言語指向プログラミングの第2弾として、今回は外部DSLにて書かれた具体的表現を読み込んでF#に変換する技術について解説します。アクティブパターン  アクティブパターンとはある値に複数の表現方法(フォーム)を与えることで、XMLなどの型付けされていない異種混在なデータに対しても、パターンマッチを可能にする技術です。  構文中のバナナクリップ(||)に囲まれた各部分をアクティブパターン識別子と呼びます。パターンマッチなどでアクティブパターンを使用する場合には、このアクティブパターン識別子経由で呼び出します。  アクティブパターン識別子は、アクティブパターンに引数として渡される入力データ用パーティションに対する名前のようなものです。[構文]シングルケースとマルチケースアクティブパ... (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 8 | コメント | | ソースサイト: codezine.jp
タグ: DSL, F#
1
CLIPS

VWD2010でF#

2447日前に更新 aoki1210aoki1210 2448日前に登録
2010年07月13日 GMT 2010年07月12日 GMT
SilverlightでF#を使用する場合、Visual Studio 2010 ProfessionalではC#SilverlightアプリケーションとF# Silverlightクラスライブラリを組み合わせる方法が推奨されているようです。F# for Silverlight 4 available - Inside F# フリーのVisual Web Developer 2010 Express Edition(以下VWD)で試行錯誤した結果、小細工でF#がビルドできることが分かりました。C#Silverlightアプリケーションのソリューションを作成します。C#Silverlightクラスライブラリのプロジェクトを追加します。 クラスライブラリプロジェクトを書き換えてF#用にします。アプリケーションからクラスライブラリを参照します。 3と4の詳細は以下の通りです。 クラスライブラリプロジェクトの書き換え VWDを終了します。クラスライブラリ内のcsファイルを削除します。 以下の内容でModule1.fsファイルを追加します。mod... (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 8 | コメント | | ソースサイト: d.hatena.ne.jp
タグ: F#, Silverlight
1
CLIPS

F#をかじってみる

2452日前に更新 aoki1210aoki1210 2453日前に登録
2010年07月08日 GMT 2010年07月07日 GMT
こんにちは。久しぶりの更新ですが、忘れていたわけではありません。書くことがありませんでした。 そこで、少しゲームエンジンから離れてみようと思い、気になりつつもスルーしていたF#に手を出してみることにします。以下、少しだけ思ったことを書きます。 let recで再帰関数が書けるのは便利ですね。とりあえず書いてみます。 open System /// 2乗の総和 let rec sum n = if n=1 then 1 else n * n + sum (n-1) let s = stdin.ReadLine(); let num = Int32.Parse( s ) printfn "%d" ( sum num ) openはVBのImportsにあたるものです。 なかなか簡潔に書けますね。どうやら数学関係は楽に書けそうです。 また、関数型言語という特徴と、もう一つオブジェクト指向言語であるという特徴があります。 open System [ (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 6 | コメント | | ソースサイト: d.hatena.ne.jp
タグ: F#
1
CLIPS

『F#入門』の資料公開

2467日前に更新 aoki1210aoki1210 2474日前に登録
2010年06月24日 GMT 2010年06月16日 GMT
04月17日(土)にCLR/Hの第47回勉強会が開催されました。 僕は『F#入門 ~関数プログラミングとは何か~』というセッションを担当しました。 その際の発表資料を公開します。 『F#入門』 SkyDriveにアップロードしてみました アニメーションが色々盛り込まれているので、ぜひダウンロードしてから全画面表示でご覧になってください!... (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 27 | コメント | | ソースサイト: d.hatena.ne.jp
タグ: F#, 入門
1
CLIPS

[ADSI] F# で System.DirectoryServices を使ってみる - 管理者は見た!~AD と ILM 一家の秘密~ - Site Home - TechNet Blogs

2482日前に更新 aoki1210aoki1210 2491日前に登録
2010年06月08日 GMT 2010年05月30日 GMT
こんにちは、ぴろとでございます。Visual Studio 2010 がついに RTM されました!ということで、私たちの ADSI/ILM チームでも “ざわ…ざわ…” しておりました。なぜかというと、Visual Studio 2010 では新しい言語 F# が追加になっています。その準備を行っていなかったためです。せっかくリリースされた F# を本ブログで取り上げないわけにはいきません!(使命感メラメラ) ちなみに、画面はこんな感じ。なんか青くて Coooooool なイメージです。(そういえば、MSDN も青いですね!) (詳細)
カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 12 | コメント | | ソースサイト: blogs.technet.com
タグ: Directory, F#, Visual Studio 2010
Previous 1 2 Next