2
CLIPS

WCF RIA Servicesで複雑なエンテティを戻り値にする方法 - かずきのBlog@Hatena

2601日前に更新 okazukiokazuki 2609日前に登録
2010年09月06日 GMT 2010年08月29日 GMT

WCF RIA Servicesで複雑なエンテティを戻り値にする方法 Silverlight, RIA Services, C#, コードサンプル 自分で作ったクラスをエンテティとして扱うDomain Serviceを公開する場合に、プロパティがプリミティブ型だけで構成される場合は、主キーとなるプロパティにKey属性をつけるだけで普通に使えます。 しかし、プロパティの型が、さらに別のクラスだったりする場合は、プリミティブ型などのときのようにはすんなりいきません。

例としては、以下のようなクラス構造があげられます。

クラス間の関連の線は引かれてませんが、EmployeeクラスのDepartmentプロパティはDepartmentクラスです。DepartmentクラスのEmployeesプロパティは、List

カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 36 | | ソースサイト: d.hatena.ne.jp | カウンタを表示

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。