1
CLIPS

WPFのアクセスキー制御

2638日前に更新 aoki1210aoki1210 2640日前に登録
2010年07月30日 GMT 2010年07月28日 GMT

アクセスキーというのは、いわゆる、ALT+なんとかキーで、メニューに飛ぶアレです。

Windows Form で作ったメニューの場合は、「ファイル(&F)」な感じで、「&」を付けるのですが、


WPFの場合には、「ファイル(_F)」な感じで「_」(アンダーバー)を付けます。


WPFでのメニューアクセスキー

http://blogs.wankuma.com/yo/archive/2008/02/05/121155.aspx

アンダーバーに変わっているのは、多分 XAML でアンパサンド(&)を使うと、記述的に困難だからでしょうね。


なので、メニューにアンダーバーが使えない、という弊害があるわけですが。


# __ のようにアンダーバーを重ねるといける?


さて、問題は、メニューが無いときです。



ツイート専用ツールの場合、メニューを付けるのは嫌だし、ショートカットの記号(ツイート(S))を付けるのも嫌だし。


というわけで、


AccessKeyManager クラス (Sy...
カテゴリー: UX(WinForm/WPF/Phone) | クリック数: 18 | | ソースサイト: www.moonmile.net | カウンタを表示
タグ: WPF

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。