1
CLIPS

Windows Azure破産 Safety Netの勧め

2657日前に更新 aoki1210aoki1210 2660日前に登録
2010年07月14日 GMT 2010年07月11日 GMT

Windows Azure Hosted Serviceは従量課金制です。従量課金制だと、どうしても自宅で個人的にAzureで遊ぶにはハードルが高くなりがちです。ついうっかりすると、どんどんと課金されカードに目玉が飛び出るような請求が来ないとも限りません。(テレ放題時代を思い出しますよね~パケット通信とか・・・)

安心してAzureで遊ぶには、転ばぬ先の杖、Safety Netを用意する必要があります。人間なので、ついうっかりはあり得る話です。そんな、ついうっかり対策として役立つソフトがあります。Codeplexで公開されているGreybox - Azure Hosted Service Deployment Notifierです。

Greyboxの特徴は、

* Windows Azure Hosted Serviceにデプロイされているかどうかのチェック
* デプロイされているサービスの停止
* デプロイの削除

である。デプロイ確認は設定値に応じて定期的に巡回するタスクトレイに格納されるアプリで...

カテゴリー: サービス(Azure/WCF/Bing/Live) | クリック数: 6 | | ソースサイト: techbank.jp | カウンタを表示
タグ: Azure, CodePlex

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。