1
CLIPS

neue cc - LINQのWhereやSelect連打のパフォーマンス最適化について

2013日前に更新 aoki1210aoki1210 2021日前に登録
2012年03月16日 GMT 2012年03月08日 GMT

C# - 12.03/08 Where連打していますか?それともパフォーマンスの悪化を心配して&&連結にしていますか?LINQの仕組み&遅延評価の正しい基礎知識 - @ITではWhere+Selectに対して 「WhereSelectEnumerableIterator」となっていて、名前のとおり、WhereとSelectが統合されていることです。これは、「Where」->「Select」が頻出パターンなので、それらを統合することでパフォーマンスを向上させるためでしょう。 と書きましたが、では連打の場合はどうなっているでしょうか。見てみましょう。var seq1 = Enumerable.Range(1, 10) .Where(x => x %2== 0) .Where(x => x %3== 0);

// どうでもいいんですが、これはVisual Studio 11 Betaです。VS11最高ですよ! @ITの記事では、sourceに格納されて内包した形の連鎖となっている、と書きました。しかしseq1のsourceはRangeIteratorで、Where連打のはずなの...

カテゴリー: プログラム(C#/VB/C++/F#/PS/Iron..) | クリック数: 16 | | ソースサイト: neue.cc | カウンタを表示
タグ: Linq

まだコメントはありません。最初のコメントを登録してみませんか?

コメントするためにはログイン もしくは サインアップしてください。